本文へスキップ

大切なお子様の成長を見守ります。札幌市東区 放課後等デイサービス い〜らいふ

電話でのお問い合わせはTEL.080-4186-7765

〒065-0017 北海道札幌市東区北17条東1丁目1-20

療育内容program

一日の生活

一日の生活イメージ

開所時間 平日 14:00〜17:00
     土曜日 9:30〜16:30 (日曜・祝日お休み)
     夏休み・冬休み・春休み期間 13:00〜19:00
     ※利用時間は相談に応じます。

           学校へお迎え(随時)
13:30〜15:00    始まりの会
           運動療法(ストレッチ・レッドコード)
           個別作業療法(手先のトレーニング等)
15:40        集団療育・個別療育(相談のうえ)
16:00        個別学習
          (小学校教諭免許保有者らが勉強を教えます)
16:50〜17:00    帰りの会
17:00〜       ご自宅まで送迎

・体を動かすこと、個別学習、専門職による作業療法等を行います。
・ご家族様が何を求められているか、私達から見て何が必要かを相談して決めてまいります。


体験学習(課外学習)について

体験学習イメージ

「い〜らいふ」では希望者は課外学習としてさまざまなところへ行く予定です。とりわけ近隣の美香保公園、円山動物園、小樽水族館、果物狩りや青少年科学館、さとらんど、モエレ沼公園などを計画しております。外に出ることで学べることも多いと考えております。高学年のお子様には低学年のお子様の面倒を見る、気遣いなどを学ぶ機会にもなるでしょうし、新しい発見もできると思います。尚、行き先や状態によってはご家族様の付き添いをお願いすることもあります。


学習支援・個別学習について

個別学習イメージ

学習支援を希望される方については宿題等のお手伝いをいたします。在勤職員は小学校教諭免許保有者もおりますし、出身大学も国公立大卒業者が多数在籍しております。学習塾とは異なりますが、ひとりひとりに合わせて個別に勉強に興味が持てるようにご指導いたします。また、社会に出て重要な能力として、パソコンでのWordやExcelの簡単な文章作成や表計算等の使い方も学ぶ機会もご用意できます。
そして、日常生活総合支援事業にてご利用になられている方々の中には元教員の方だけではなく、大学教授や書道の先生など様々な方がいらっしゃいます。そういった方々に講師を依頼することで、高齢の方の介護予防、子供たちの可能性を広げることができ、地域社会とのかかわりも期待できると考えております。


運動療法(身体の使い方をおぼえる等)・作業療法(感覚統合等)について

運動療法イメージ

「い〜らいふ」ではレッドコードを使ったバランスや体幹を鍛えるような運動療法や作業療法士らと対応する手先を使ったトレーニングや感覚統合療法も実践してまいります。体操よりは身体の使い方を覚えたりリハビリに近い運動を行うこともできます。
また個別にご相談ですが、セラピストによる個別療法も対応できます。
い〜らいふでは、90歳代の方でもできる早稲田大学発の介護予防の運動プログラムを児童向けに専門職がアレンジした運動やスペシャルアドバイザーの理学療法士、川浪先生から指導を受けたスタッフがお子様の状態に配慮した筋力や体幹を鍛える運動を提供いたします。勿論お子様には遊びを通じて身体を動かすことが重要ですので、学年等に応じては楽しく遊べるトランポリンやおもちゃ、プラレールや楽器等もご用意しております。




information

放課後等デイサービス
い〜らいふ
【0150300713】

〒065-0017
東区北17条東1丁目1-20
藤井ビル北17条V 1階
TEL.011-768-8101
FAX.011-768-8102
メールでのお問い合わせ